読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砕け散るところを見せてあげる

book

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

序盤は眺めるように空き時間で小分けに読んでいたら、途中から引き込まれるような感覚で空き時間を探しては読み、中盤以降は最後まで勢い良く読み切らされた。ライトノベルの空気を感じさせる人物間のテンポの良いやり取りが多い反面、高校でのいじめの描写が濃いめで落ち着かない気持ちのまま読み進めていた。

あれ、これミステリとかサスペンスだっけと途中から少し予想の出来てきた結末は、購入時に期待した竹宮ゆゆこ作品のイメージとは全く違った。しっかりとミスリードをさせられ最後はとても混乱し、要所要所を読み直すことになった。叙述トリックがあるなんて思わず、丸腰というかRPGでフィールドの隅々を調べるような注意を払えなかったのが悔しい。ちょっと竹宮ゆゆこの他のも読んでみようと思う。

「瑠璃も玻璃も照らせば光る」ということわざを初めて知った。