読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80: カメラ付サングラス

us

この歳になってというのが気恥ずかしいが、コンタクトレンズの着用に興味が出てきた。かつて数週間だけ使ったことがあったが生活習慣上長続きせず、これまでの人生のうち7割以上を眼鏡をかけて過ごしているし、自分の使う眼鏡への愛着は割と強い。

というのも、SnapのSpectaclesをじっくりと使いたいと思ったのだ。

Spectacles by Snap Inc.

このSpectacles、プロダクトとしてだけなら面白カメラ付メガネだろ!と特に興味がなかったのだけど、その売り方のせいで何だか欲しい気持ちにさせられている。基本的にはECや店舗での販売はしていなくて(最近ニューヨークで遂にショップができた)、全国のどこかにある日突然自販機が設置され、その大まかな位置情報や設置されている景色がウェブ上に公開されるだけ。

人づてに情報が伝わり、すっかり行列が出来て売り切れてしまい、早々にeBayでは倍近くの値段で取引される(当初は10倍以上にのぼったようだ)というのを眺めていると、何となく定価に近しい価格で手に入れたくなってしまう。そのためのコストを割いてまで手に入れるのなら、使い込みたいと思うようになり自身の身体条件から合わせようと考えるに至った。ちょっと多めにお金を積めばいいだけなんだけど、それをして新しものを捕まえて最初だけ使った写真を公開して満足するスタートアップ周りのおっさんと一緒みたいで嫌だなと、都合よく買える線が無いものかと考える。ニューヨークへ遊びに行けばいいんだろうか。

正直コンタクトレンズを目に入れるのももう死ぬまでやりたくないなあと決めていたのが揺らぐのだからプロダクトひとつでこう気が変わることはとても歓迎したい。アメリカでの日光と対峙する生活に合わせて度付きのサングラスを持ち歩くこともあったが、その調整を怠っているうちに使うと頭痛がするようになったので、度無しで済むようにSpectaclesで遊ぶついでに一緒に解決出来たらいいかと目論んでいる。トランクルームに眠ったGoogle Glassも眼鏡と悪魔合体させずに使えるとまた感じる事が違うんだろうか。

Snapchatは与えるべきパーミッションが多いのに怯んで、いつかAndroid端末を買い替えたタイミングで再度の利用を断念してから縁がない。